私自身も皆さんもいつも笑顔でいられますように


by reika41
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

包丁砥ぎとお箸の持ち方特訓講座に参加して

基本中の基本である包丁砥ぎをきちんと出来ようになりたくて
包丁砥ぎとお箸の持ち方特訓講座に参加しました
楽しい講座の様子はこちらから
当日は台風の影響で雨や風が強く
遠方から来る方が無事辿り着けるかしらと心配していたら
自分が乗る電車が途中までの折り返し運転だと分かりびっくり
どうなる事かと思いましたが、遅刻する事なくお教室に到着しました
美味しい福ZENを頂いた後は
d0184359_948933.jpg




中川さんが持参した包丁を一人一人見て下さりました
包丁を見ただけで、その人の癖や欠点等を見抜かれます
その後は持参した3本の包丁をひたすら砥いで、何度も見て頂きました
中川さんがお教室の包丁を砥ぎながら『もっと力抜いて』と誰かに言われました
自分では脱力出来ていると思い込んでいたので
隣の人をちらっと見て、そのまま砥いでいると
『麗可ちゃんや』と
えっ!?私ですか?

指摘して頂いてから脱力しようとして力んでしまいなかなか脱力出来ない私に、
中川さんは驚きのアドバイスをして下さいました
いつも分かりやすい例えを交えて説明してもらえるのが有り難いです

そして、真の包丁砥ぎが分かった瞬間
身体中に電流が走り、包丁砥ぎ革命が起こりました
これまで思っていた包丁砥ぎは完全に自動変換(思い違い)をしていて
はがねと砥石と力と時間を無駄にしてきた事が分かりました(がーーーん)

包丁は耳で砥ぐと言われた事がありますが、
中川さんは砥いでいる音だけを聞いて皆に次々と指摘をして下さりました

皆力み過ぎているから、工事現場で一仕事して来たらと言われるほど
最後にきちんと砥げるようになった時
これで桂剥きや刻みが下手なら原因は腕のみだねと
原因がハッキリして良かったです
ぴんぴんに砥いだ包丁で、下手な桂剥きや刻みの練習を頑張ります

次はお箸の持ち方の練習
1年半程前に一度教えて頂いたので2度目です
楽しくて夢中で練習をしました
なかなか出来ない事があって、やっと出来たーと思ったら
皆さんが一瞬不思議な顔をした後、大爆笑されました
また自動変換していたようです_| ̄|○ 

これからは包丁砥ぎもお箸の持ち方も正しく練習します
参加して本当に良かったです
有り難うございました

ご一緒させて頂いた皆さん、ありがとうございました
色々お騒がせしました
楽しく学ぶ事が出来ました
by reika41 | 2013-09-19 10:43 | むそう塾